農水省の上限5000万円の販路開拓補助金を宮崎県のホテルが不正に受給で逮捕

農林水産省

新型コロナ補助金4000万円不正受給か 鳴子観光ホテル元役員ら3人を詐欺容疑で逮捕
https://www.khb-tv.co.jp/news/15107637

要約


岩手県警は、国の新型コロナ関連補助金を不正に受給した疑いで、宮城県大崎市の鳴子観光ホテルの元役員大沼孝晶(41歳)、岩手県雫石町の鶯宿温泉の長栄館社長照井貴博(37歳)、同町のフクオカ食品役員福岡加奈子(48歳)の3人を逮捕しました。これらの人物は2021年に共謀し、農林水産省の補助金制度を悪用して約4000万円を詐取した疑いがあります。インターネット申請で虚偽の実績を提出し、補助金を得たとされます。警察は3人の犯行に関する詳細は明かしていませんが、これまでに1億数千万円の補助金を不正受給していた可能性があり、追加の犯罪について調査中です。この事件は、該当する事業に関する全国初の逮捕事例です。

元記事

国産農林水産物等販路新規開拓緊急対策事業

この事業の不正でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました